2011年12月06日

赤ちゃんの便秘対策には浣腸はどうなのか?

結論からいうと、あまり良くないです。
実際、私の子供も昔便秘気味だったので
いつも病院に連れて行って浣腸をさせてた時期がありました。

ある日、そこの先生から言われました。
「あのねぇ・・気持ちは分かるけど結果的にあまりよくないよ。浣腸のし過ぎは・・」
「浣腸はクセになるからねぇ・・・」

たしかに、浣腸は一時的なその場しのぎなのは分かってました。
でも、怖いもので、我が子が便秘で苦しんでるのが浣腸で簡単に治ってしまうんで、
また次回も行ってしまうんです。
ある意味、麻薬。母親にとってはね。

しかも、浣腸を使いすぎると、腸がマヒしてしまい自力で排便するのが
できなくなってしまうようです。
子供の未来の事を考えると、やっぱり怖いんです。

浣腸は絶対にダメという訳ではありませんが、
やはり、ほどほどにという程度でしょうか。

それよりも、自然にうんちがでるようにしてあげる事が一番大事なんだと思います。

以前の記事
でも書きましたが、

結果的に、お腹の中のビフィズス菌を活発にしてあげる事ができれば
赤ちゃんは自力でうんちを出す事ができるんです。

そこで出た結論が⇒⇒これです


なぜ、これなのか?
オリゴ糖という成分はビフィズス菌の大好物なんです。
大好物を与えれば、ビフィズス菌が活発になるのはごく自然な事。

しかもオリゴ糖は幼児食品にも使われてる成分で、体にも良い。
これなら安心ですね。

私はこのオリゴ糖をどうやって食べさせたのか?
これは簡単です。
離乳食やミルクに混ぜるだけでいいんです。

あ、もちろんちゃんとしたオリゴ糖ならですよ。
なんかよく分からないオリゴ糖って実際ありますからね・・・。
天然成分で純度が高いヤツがいいです。
別に薬ではないんで・・・。


私が今でも使ってるのが⇒⇒カイテキオリゴ















posted by オリコ at 15:09| Comment(0) | 赤ちゃんの便秘改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんの便秘解消について 赤ちゃんって便秘症?

医学的には、赤ちゃんは基本、便秘にならないと言われています。
特に生まれて間もない赤ちゃんならなおさらです。

赤ちゃんのお腹の中ってほぼ90%が善玉菌(ビフィズス菌)でできてます。
これって、本来なら便秘にならない、スッキリと出る腸内環境なんです。

だから、医学の世界では赤ちゃんが便秘になるという基本概念はないと言われています。

でも、実際は違いますよね。
赤ちゃんだって便秘になります。
うんちが出なくてツライ感じになってますよね。

私もそうでした。
子供がいつも便秘になってました。
以前は、その度に病院にいって浣腸をしてもらってましたが、
お医者さんからはクセになるからと言われてました。

その時の記事⇒⇒赤ちゃんの便秘

何故、赤ちゃんは便秘するんでしょうか?
本来ならば赤ちゃんがうんちが出ないという事はないと言われてるのに・・。

実はコレ、ある意味現代病のようなもので、
食文化の変化によって増加してきたみたいです。

例えば「母乳」。
母乳を上げる母親の栄養の偏りが原因と言われてますし、
母乳よりも粉ミルクが主、という家庭にも多いと言われてます。

でも、さっき言ったように、
医学の世界では、「赤ちゃんは便秘しないもの」という位置づけにありますから、
お母さんたちは「どうすればいいの?」なんて思ってしまう訳です。
私もそうでした。

この「どうしよう?」に答えてくれるのが天然オリゴ糖









posted by オリコ at 15:07| Comment(0) | 赤ちゃんの便秘改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

赤ちゃんの便秘解消レシピ

赤ちゃんの便秘解消の為の離乳食レシピ

用意するもの
●かぼちゃ
●玉ねぎ
●コンソメの素


作り方
@かぼちゃの皮をむいて小さく切る
A玉ねぎは小さくして薄切りにする
Bお鍋の中に@を入れて、かぶるくらいに水を入れ、柔らかくなるまで煮込む
C少量のコンソメの素を入れる
D柔らかくなったら、ヘラやすり鉢などですり潰す。
E牛乳と粉末のオリゴ糖を加えて、温かくなったらバターを加え
塩・こしょうで味を調える


粉末のオリゴ糖とは⇒カイテキオリゴ
です。

できあがりはこんな感じ
1.jpg


その他にもお粥などにもカイテキオリゴを混ぜるだけで
赤ちゃんの腸の働きが正常になります。

赤ちゃんの健康管理はまず食事から。
posted by オリコ at 01:09| Comment(0) | 赤ちゃんの便秘改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
システムを重視のFX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。